舞鶴市でのアパート計画における“必須の設備”とは?(2) - ヤマモト工務店

舞鶴市でのアパート計画における“必須の設備”とは?(2)

家づくりコラム

こんにちは、ヤマモト工務店です。

前回に引き続き、舞鶴市でアパート計画をする際、「どこまで設備を充実させるか」ということについて
考えてみます。
舞鶴市でのアパート計画における“必須の設備”とは?(1)

全国賃貸住宅新聞の『人気設備ランキング』を見ると、近年オートロックやホームセキュリティ、
防犯カメラなど、セキュリティ機器の需要が高まっているようです。

2020 人気設備ランキング発表
(全国賃貸住宅新聞)

ですが、これはあくまでも全国的な人気ランキングです。
都会の方では必要な防犯も、舞鶴市内ではそこまで神経質になる必要はないのではないでしょうか。
安心感という意味では、モニター付きインターフォンくらいはあってもいいかもしれませんね。
宅配ボックスも、需要はますます増えていくかもしれません。

設備を導入する上で考慮すべきは「本当に入居者のためになるのか」ということです。
Wi-Fiにしろセキュリティ機器にしろ、設置すれば建築コストは確実に上がります。
表向きは無料だとしても、家賃や管理費は多少なりともアップするでしょう。
その上で、入居者さんに喜んでもらえるのかどうかがポイントです。
「そこまで必要ないから、少しでも家賃が安い方がいい」という人も、
少なからずいるのではないでしょうか。

このように考えていくと、どうしても必要な設備といえば、
独立したバス・トイレ・洗面台。外部では、駐車場と駐輪場くらい。
「あってもいいのでは?」という設備はモニター付きインターフォンと宅配ボックス。

周辺の家賃相場や利回りも含め、検討してみてください。
アパート建築のご相談はこちらから!