舞鶴市でのアパート計画における“必須の設備”とは?(1) - ヤマモト工務店

舞鶴市でのアパート計画における“必須の設備”とは?(1)

家づくりコラム

こんにちは、ヤマモト工務店です!

アパート建築を計画中の方は、設備にどれだけお金をかけようか悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

当然ながら、設備が充実していることに越したことはありませんが、
現実的には設備にお金をかければそれだけ建築コストも上がりますし、
一定の利回りを確保するには家賃を高く設定するしかありません。

はたして入居者は、周辺の相場より高い家賃を支払ってでも、設備の充実した賃貸に住みたいと考えているのでしょうか?
実際には、家賃とのバランスも大切ですよね。
そこで今日は、舞鶴市でアパートを建てる場合に最低限必要な設備について考えてみたいと思います。

まず、必須ともいえるのが独立したバス、トイレ、洗面台。
単身者向けのワンルームであっても、これは必須です。

独立したお風呂は入浴時の快適性を大きく左右しますし、
女性の場合は独立洗面台がないと、お化粧する場所やお友だちが遊びに来ているときの衣服の脱ぎ着に困ってしまうようです。

たしかに、3点ユニットバスなら広い面積も必要ないですし、コストも安く上がります。
だからといって、入居率が下がってしまっては元も子もありませんよね。

毎年、全国賃貸住宅新聞で発表される『人気設備ランキング』でも、単身者向けの独立洗面台は上位にランクインしています。

2020 人気設備ランキング発表はこちらから
(全国賃貸住宅新聞)

このほか、無料のWi-Fi(インターネット)環境は例年、単身者・ファミリー向けともに1位にランキングされています。
とはいえ、Wi-Fi環境は入居者自身で用意することもできますから、
入居者にとっては「あればうれしい」けれど、賃貸物件を選ぶ上での条件としては、さほど重要でないように思います。

舞鶴市でのアパート計画において必要な設備は…次回へ続きます!