< 2 > 季節コラム 夏の「エアコンが効かない…」を回避するために大切なこと - ヤマモト工務店

< 2 > 季節コラム 夏の「エアコンが効かない…」を回避するために大切なこと

猛暑になるとエアコンがなかなか効かなくて、気付けば設定温度が20℃。

……なんてこと、ありませんか?

エアコンの設定温度を下げれば、それだけ電気代もかさみます。困りますよね。

そもそも、エアコンが効かない原因は何なのでしょうか。

フィルターが目詰まりしているだけなら、掃除をすればOK。古いエアコンを新しいエアコンに交換することで、解決する場合もあります。

問題は、フィルターの汚れやエアコンの年式ではなく建物の気密・断熱が不十分な場合。

気密性や断熱性の低い家では、室内の冷気が外へ逃げ、暑い外気を家の中へ取り込んでしまうため、猛暑日には室内が蒸し風呂のように暑くなってしまいます。

さらに、南側に大きな窓があるのに、軒や庇といった日差しをさえぎるものがない場合。ガラス面から差し込む直射日光で、室内は温室のような灼熱地獄に。

これでは、どれだけエアコンの設定温度を下げても、お部屋の中は涼しくなりません。

夏、涼しい家にするためには?

エアコンの効かない家は電気代が気になるのはもちろんのこと、熱中症も心配ですよね。

どうすれば、涼しく快適な夏を過ごすことができるのでしょうか?

これから家を建てる方

高気密高断熱の家なら、外気を取り込まず、家の中の空気を逃がさないため、暑い夏も快適に過ごすことが可能です。

軒や庇、屋外ブラインドなどで、日射を調整できるようにするといいですね。

すでに家を建てた方

遮光カーテンもよいのですが、お部屋の中が暗くなってしまうのが難点です。

緑のカーテンやすだれ、オーニングで、外側からの日射遮蔽を検討してみてください。

おすすめは、断熱リフォームです!

ヤマモト工務店の家は、『ZEH+』『HEAT20 G1』レベルが標準仕様。

冬暖かく過ごせるのはもちろんのこと、夏の「エアコンが効かない…」を回避し、電気代の節約にも貢献します。

高気密高断熱住宅の新築をご検討中の方、断熱リフォームについてくわしく知りたい方は、ヤマモト工務店へご相談ください!

≪お問い合わせ≫ https://yamamoto-koumuten.company/contact