アパート相談事例|40坪の土地、売却するか活用するか? - ヤマモト工務店

アパート相談事例|40坪の土地、売却するか活用するか?

家づくりコラム

こんにちは、ヤマモト工務店です。
本日はアパート建築に興味をお持ちの方からの、よくある相談事例をご紹介します!

〈ご相談内容〉
両親から相続した40坪くらいの土地があるのですが、使う予定もなく、
売却するかアパートを建てるかで迷っています。

〈当社の回答〉
売却すれば一時的に臨時収入を得ることはできますが、
“資産”という観点から考えると少しもったいない気がします。
アパートを建てて、土地・建物ともに資産として維持していく、
長期的に安定した賃貸収入を得るというのも、
今の時世を考えると悪くない選択ではないでしょうか?
また、40坪の土地は、舞鶴という地域性を考えると住宅用地としては少し小さめで、
売却しにくいとも考えられます。

「では、40坪の土地にアパートが建つのか」というと、その点は問題ありません。
もちろんアパートを建てるには資金が必要ですし、ローンに対する不安もあるかもしれませんが、
そういった資金面の不安は、きちんと利回り計算をして、
家賃収入で返済していくことのできる事業計画を立てることで、クリアできます。

そのためには、土地の立地がとても重要になります。
賃貸需要の見込める立地かどうか。
どのような層が入居者としてターゲットになるのか。
まずは、土地勘のある不動産会社や建築会社に相談し、
賃貸需要をきちんと見極めることが肝心です。

地元工務店のヤマモト工務店なら、立地条件に応じたご提案が可能です。
お気軽にご相談ください!